吹奏楽

【恋愛】吹奏楽部男子はモテるのか!?【元吹奏楽男子が語る!】

こんにちは、こけけんです。

吹奏楽部に入ろうとしている男子にとって、気になることの一つに、「吹部男子はモテるのかどうか」という疑問があると思います。

ということで今回は、吹部男子は実際にモテるのかどうかについて、元吹奏楽部男子が解説します!

吹奏楽部は女子の人数が多い、つまり…

吹奏楽部の大きな特徴は、女子の人数が他の部活よりも多いことです。

運動部の場合は基本的に男女で別の部(例:男子バスケ部と女子バスケ部など)になってしまいますし、野球部サッカー部などは、男子部しかないということがよくあります。女子マネージャーがついている部もありますが、部員に比べて圧倒的に少ない場合がほとんどです。

一方吹奏楽部は、男子より女子のほうが多い場合が多い場合がほとんどです。また、工業高校などの女子が少ない学校でも、吹奏楽部には女子が集まりがちです。

そして、女子の人数が多いということは、こんなメリットがあります。

女子との接し方がわかる

吹奏楽では、一つの曲を大人数で演奏するという特性から、練習や曲の内容について、部員とのコミュニケーションを取ることが多くなります。そんな中で、女子の人数が多いということは、女子と会話をする機会が当然多くなります。

「女子と会話するのが苦手だ!」という人でも、自然に接し方を身につけることができるのではないでしょうか?

チャンスが多い

周りに女子が多いというのはつまり、単純にチャンスが多いということができます。

男子しかいない部活に入部した人より、吹奏楽部男子のほうが、部活動時間分、女子と接する時間が多いわけです。また、女子部員と親しくなれますし、その女子部員の部外友達と親しくなる機会もあるかも知れません。

そう考えると、吹奏楽部男子のほうが他に比べてチャンスが多いと言えるのではないでしょうか?

下心だけで吹奏楽部に入ってはいけない!

ここまで、吹奏楽部は恋愛面で有利だぞという話をつらつらとしてきたわけですが、恋愛だけを目当てに、吹奏楽部に入るのはおすすめしません。やめといたほうが良いです。

その理由をちょっとお話します。

練習がきつい

吹奏楽部の練習は、運動部ほどではないですが、そこそこきついです。特に地区大会金賞以上の部はきついことが多いです。

吹奏楽部は一年中イベントがあるため、年中なにかしらの本番に向けて練習しています。それゆえにオフがあまりありません。(学校によりますが…)

音楽に興味がない人にとって、これは結構きついと思います。

また、学校によっては、筋トレやランニングをやったりするところもあり、体力的に普通にきついです。

結局は自分次第

男子にとって吹奏楽部というのは、恋愛面で大きなアドバンテージを取れる良い部活だと思います。しかし、最終的に恋を成就させることができるかは、自分次第です。

たとえ、吹奏楽部に入ったとしても、女子に話しかけなければ関係は深まりませんし、清潔感がない人はどこに行ってもモテません。また、努力ができない人は、せっかく吹部に入っても長続きせず、機を逃してしまうかもしれません。

つまり、「吹奏楽部に入る」ということは、「恋愛のチャンスを得る」ということであって、そのチャンスを活かすか殺すかは自分の努力や勇気にかかっています。

常に自分を磨く努力をして、その上で吹部に入り、チャンスを生かしてほしいと思います。

まとめ

吹奏楽部に入ると、活動する中で女子とコミュニケーションするチャンスが増え、他の男子より恋愛面で有利になる。しかし、そのチャンスを活かせるかどうかは自分次第。

また、下心だけで吹奏楽部に入ると痛い目にあうかもしれません。

 

音楽が好きな男子にとっては、吹奏楽部というのは学校生活を華やかにするいい選択だと思います。ぜひ候補の一つにしてほしいです!

ぼくが吹奏楽初心者にユーフォニアムをおススメする理由4つ!【響け!】こんにちは、こけけんです。 みなさんの中に「吹奏楽はじめたけいけど、どの楽器選んだらいいかわからない!」という人いらっしゃると思い...

20190409 No.22

ABOUT ME
こけけん
こんにちは、こけけんです。 某国立大学に通う、ごく普通の学生です。 吹奏楽など、音楽が大好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です