ブログ運営

ブログを書くときの一人称は?僕、俺、私、ワシ、自分?

どうも、こけけんです。

この前、人生ではじめてのブログ記事を書いたんですが、そのときにちょっと悩んだことがあります。それは、一人称どうしよう!ということです。

初めて書いた記事

https://kokeken.com/?p=10

上の記事では、「僕」が一人称になっています。では、どのような理由で「僕」になったのか、見ていきましょう。

男性が使う一人称

男性が使う主な一人称には

  • 俺(おれ)
  • 私(わたし)
  • わし53
  • 自分(じぶん)
  • 「自分の名前」
  • 僕(ぼく)

などがあるかなーと思います。それぞれ受ける印象が少し違いますよね。

比べてみた

「俺」はフランクな感じは出ますが、ちょっと上から目線な感じがして、読んでくださった方の受ける印象がちょっと悪そう。
「私」は評論とかレポートとかを書くのに利用するのに適した、正式?な一人称っていう感じがしますよね。政治家などの公で活躍する人は、「私」を使いますよね。ただ、弱点もあります。「私」は、男性も女性も使う一人称で、読み手に性別が伝わらないですし、堅苦しい印象がありますよね。

例)政治家が書いた文章

(略)
パラリンピック三大会に出場した佐藤真海さんが、かつてに語ってくれました。リオ・パラリンピックでは、限界を全く感じさせないアスリートたちの姿に、日本全体が勇気をもらいました。
(略)

引用:第百九十二回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説(首相官邸ホームページ)

「わし」はフランクで親しみやすいといえばたしかにそうですが、田舎感というか、おじいちゃん感が出てしまって…あと、あまり一般的ではないせいで、文の中にあったら違和感がありますよね。
「自分」は、もともと軍隊語から来た一人称らしく、その影響もあってか、真面目そうな雰囲気を感じます。ただ、関西の方では、「自分」というと「あなた」(二人称)の意味になってしまう場合もあり、読みづらい文章になるかもしれないです。
「自分の名前」、つまり僕の場合は「こけけん」ですが、誰を指しているのか曖昧になることはないですが、一人称を使うたびに長々と自分の名前を書くのも面倒だし、子供っぽい感じもするし、第一、読みづらいかなーと思いました。
「僕」は、男性の一人称としてはかなり一般的で、親しみやすく、文章で書いてもあまり違和感がない感じがします。でも、ちょっと子供っぽい感というか、弱々しい感というか、そんな感じがします。

てなわけで、各一人称の長短を表にまとめてみました。(僕の独断と偏見によります…)

 長所短所
フランク、一般的印象がきつい?
正式堅苦しすぎる、性別がわかんない
わしフランク、親しみやすいおじいちゃん感、一般的でない
自分真面目そう、中立二人称と混同、堅苦しい?
自分の名前誰を指しているのかはっきりする子供っぽい、面倒
フランク、一般的、親しみやすい子供っぽい、弱々しい

 

最後まで悩んだのは「僕」と「私」

いろいろ考えたんですが、最後に残ったのは「僕」と「私」の2つでした。一般的で親しみやすい「僕」と、正式な一人称で、どこでも使えそうな「私」。

そこで、自分がどんなブログを作りたいか考えたときに、真面目な記事を書くというよりは、色んな人が楽しめて、親しみを持てる記事を書きたいなあーと思い、より柔らかい印象の「僕」を選んだわけです。

ABOUT ME
こけけん
こんにちは、こけけんです。 某国立大学に通う、ごく普通の学生です。 吹奏楽など、音楽が大好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です